空港を利用する人が持つべきクレジットカード

クレジットカードで入れる空港ラウンジ、カードラウンジとは?

国内のかなりの空港には、空港ラウンジがあります。空港ラウンジにもいくつかの種類がありますが、そのうちクレジットカード会社が主に運営していて、該当するクレジットカードを持っているだけで無料で入室できるラウンジのことをカードラウンジと呼んでいます。

搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができる場所として有用ということは想像がつくものの、一体このカードラウンジとはどういうもので、どういった使い方ができるのでしょうか。少し詳しく説明しましょう。細部ではラウンジごとに差異がありますので、あくまで標準的なものとして見てください。

まず、無料で入室するために必要なクレジットカードはゴールドカードです。ゴールドカードのメリットとして大きなものがこのカードラウンジを使えることといえるくらいです。ちなみに、持っていない人や同行者についても入室することはできますが、その場合は料金がかかります。料金はいろいろなものの、普通にカフェに行くよりは高くつくことが多いかもしれません。

設備としてはセルフサービスのカフェといった感じです。ソフトドリンクは自由に自分で注いで飲むことができます。ただし食べ物に関してはほぼ全くと言ってよいほどないでしょう。仮にあってもせいぜいおつまみ程度です。

空港コンコースにあるよりはくつろげる座席で、ソファータイプになっているものも多いです。他には、無料のwifiが完備されているでしょうし、電源コンセントもあり、スマホやPCを充電することもできます。それとは別に無料でネットに接続できるPCが用意されていることも多いです。先にも書いたとおり、一応は誰でも料金を支払うことにより入室できるものの、カフェに行くよりは高くつくことが多いことから、どんな人でも押し寄せるという雰囲気ではありません。その分だけ静かですし、空いていることも多いです。ここに来る人はみな搭乗までの時間をゆっくりと落ち着いて過ごそうと考えている人たちです。ですから走り回ったり騒いだりするのはもってのほかですし、携帯電話での通話も所定の場所でするようにしましょう。食事の持ち込みもできれば慎むべきです。

注意しなければならないことは、多くのカードラウンジが保安検査場よりも前にあることです。つまり、搭乗時刻ぎりぎりまでラウンジにいては搭乗に間に合わなくなることが考えられますから、時間に余裕を持って出かけるほうがよいでしょう。

クレジットカードには海外旅行保険やラウンジの無料利用ができるものもある

一見、私たちはクレジットカードというとショッピングの際の決済で使うものとばかり解釈しがちです。確かにどのような高額の買い物でも財布の中に大金を忍ばせて移動しなくてもカード一枚で支払いを済ませることのできるクレジットカードはスマートな印象をもたらすもの。また、日々の細々した生活用品でもカードで支払う人も多く、小銭を持ち歩かなくても対応出来る利便性には多くの人が支持を寄せています。

しかしクレジットカードの使い道を見ていくと、決してこのショッピングだけにとどまらず、他にも数多くの楽しみやサービスをもたらしてくれるものが数多く存在します。例えばクレジットカードをお持ちの方の中には海外旅行を計画されている方もいるでしょう。また、仕事の関係で頻繁に日本と海外を往復している方もいるかもしれません。そのような場合に何らかの事態に備えて事前に海外旅行保険に加入する人も多いもの。しかし加入する前にもう一度自分が持っているクレジットカードの付帯サービスについてチェックしてみると良いでしょう。というのも、中にはこの海外旅行保険がすでにそこに加わっている場合があるからです。これを用いると改めて海外旅行保険に加入する必要はなく、もしも何かあった際にはこのクレジットカード一枚で規定の補償を受けることが可能となります。

また海外旅行の際に効果を発揮するのはこれだけではありません。空港で海外へ飛び立つ前、この緊張と不安がつきまとう時間を空港の専用ラウンジでゆったりと快適に過ごすことで十分なリラックスタイムを満喫することができるのです。このラウンジには様々な種類のものがありますが、特定のクレジットカードのブランドでは専用ラウンジが設置してあるほか、国際的に有名なカードであれば海外の主要空港にも同じく多種多様なラウンジがあり、そのサービスを楽しむことができます。

これらのラウンジは飛行場が見渡せる景色の良いガラス張りの空間で、無料ドリンクや軽食を楽しめるほか、空港の待合室とは異なるフカフカの椅子やソファなどで休憩することができます。またこの場でパソコンを開いてメールチェックや仕事を続けることも可能。もちろんwifiや電源使用量は無料です。さらにラウンジによってはシャワーやマッサージなどのサービスが備わっているものもあるなど、様々なメリットを受けることができるのが魅力です。

もしも海外への新婚旅行などの際には、こう言ったクレジットカードをかざしてラウンジ利用することで、フィアンセがあなたの見る目も大きく変わるかもしれません。素敵な時間を過ごす上でもこれらのサービスは実に満足のいくものと言えるでしょう。

年会費が無料で空港ラウンジが使えるクレジットカードってあるの?

海外旅行に行く方や飛行機を使って国内の移動をする方であれば、ゆったりと過ごせる会員専用の空港ラウンジを利用したい方もいるでしょう。飲み物やインターネット利用のサービスが利用できることもあり、混み合う空港でも搭乗の間まで静かに過ごせるでしょう。

クレジットカードに会員制の空港ラウンジサービスを無料で申し込める特典が付いている物はありますが、年会費が無料のカードはないのです。年会費がかからないクレジットカードには、旅行保険の付帯や日本語ができる現地デスクのサービスが付いていることはあります。しかし、国内外の空港ラウンジが使える特典は、ゴールドカード以上の上位ランクのカードに付帯しています。ゴールドカードが自宅に到着jした後に、郵便やクレジットカードのサイトから、空港ラウンジのサービスをする会社に申し込み手続きをします。その後2週間程度で、専用の会員カードが到着します。使うには、受付の人に渡して確認をしてから入ることができます。クレジットカードにより、同行した方については人数分有料になることがありますので、注意しましょう。

近年では、年会費が安価な税抜2千円程度の格安ゴールドカードも発行されています。以前は20代の若年者層向けの入門向けゴールドカードという意味合いが強かったのです。しかし、利用者の中には、機能を限定してその分年会費の安いゴールドカードを希望する方が増えてきたために、30代以上の方にも使えるようにしたと思われます。通常のサービスが使えるゴールドカードの場合は、年会費が税抜1万円台のことが多いので、非常に安く抑えられるでしょう。

クレジットカードによって違いますが、使える空港ラウンジは、国内線か国際線の空港のどちらかに多く偏っています。例えば、国内のほとんどの空港のサービスを網羅していても、国際線では日本人がよく行く所しか使えなかったり、国際線ではほとんどの空港でサービスを受けられても、国内の空港ラウンジは1ヶ所のみだったりします。自分が国内と海外のどちらに行く機会が多いかによって決めるといいでしょう。サービスを利用するには、クレジットカードと航空券を受付で提示すれば入室できます。

ただし、年会費を無料のまま、試験的にラウンジを使える方法もあります。クレジットカードの中には、キャンペーンやインビテーションを受けた場合、初年度もしくは規定の期間だけ無料になるサービスをしている場合があります。その期間内に、サービスを利用してみればお金がかかりません。

空港ラウンジ同伴者無料特典付クレジットカード

アメックスカードは年会費がお高いクレジットカードとして知られています。もともと旅行や保険のサービスから誕生したという歴史があり、旅行好きな人には手厚い会員特典が用意されています。

その中でも利用者に好評なのが、空港ラウンジ無料利用特典です。提携カード(セゾンなど他社が発行しているアメックスブランドのカード)の一部とペルソナSTACIAアメリカンエキスプレスカード以外であれば、カードホルダー本人の搭乗券とカードの提示、それと同伴者1名が無料で利用できるのがありがたいです。そのカードで航空券を買ったかどうかを問われませんので、マイルを貯めた無料航空券でもラウンジを使えます。他クレジットカード会社ですと、同伴者無料特典を付けているところは稀で、1000~2000円ほど別料金がかかります。こういう「太っ腹なお金持ち」的なサービスを用意しているのがアメックスのいいところです。高い年会費も気にならなくなります。

出発を待つ間、ガヤガヤした中でベンチに座っているよりは、格調高いラウンジでソファに腰かけて新聞を読んだり、無料サービスのコーヒーを飲んだりするのはなんともいい気分になれます。ラウンジによってはアルコールの提供があるところもあります。

空港へは早めに到着する方がよいので、どうしても時間が余ってしまいます。待ち時間を有意義に過ごすことは楽しい旅には必要です。コンセントが用意されているので、スマホやタブレットを充電できるのもありがたいです。待ち時間が短く感じられることでしょう。

対象となるのが国内の28空港とホノルル・仁川の海外2空港です。なお、ANA・JALのプレミアムメンバー向けのラウンジとは別になりますので注意が必要です。あくまでクレジットカード会社各社向けのラウンジで、金曜の晩とか休日は席がほとんど埋まっていることもあります。席の予約はできないので、これは仕方がありません。

アメックスのプロパーのゴールドカードでは、プライオリティパスと呼ばれる世界各地の空港のVIPラウンジの会員に加入し、年2回まで使える特典があります。別途申し込みが必要かつ同伴者特典はありませんが、年会費99米ドル・1回の利用料金27米ドルと高額なところを無料になるので、これまた太っ腹なアメックスらしい特典といえます。毎年海外に出かける機会がある方は申し込むことをおすすめします。

飛行機に乗る方はアメックスを持っているとメリットが沢山あります。

ラウンジ無料のおすすめクレジットカード!4種類

クレジットカードの選択には利用形態に合わせることが大切なポイントになりますが、ここでは、内容の比較とともに空港ラウンジの無料利用が附帯されているカードがおすすめとなります。空港ラウンジが利用できることで搭乗までの時間をゆったりと過ごすことができ、設備や軽食・飲料など、様々なサービスも受けることができます。

おすすめクレジットカードの1つめとしては楽天プレミアムカードを上げることができます。カード内容は、年会費10,800円、利用可能額が最高300万円、附帯サービスには、海外旅行傷害保険の最高5,000万円をはじめとして多くの特典が設けられています。中でもラウンジ使用に関してはプライオリティパスが付与されており、大きなメリットとして最上位となるプレステージ会員が無料で付いている点があります。プライオリティパスには3つのタイプがありますが、楽天プレミアムカードのプレステージでは、世界120ヵ国900ヵ所以上の空港ラウンジを何回でも無料で利用することができます。

2つ目としてはアメリカンエキスプレスがあります。アメリカンエキスプレスは世界的もステータス性が高く、旅行関連に非常に強いカードとして広く利用されています。一般的に知られているタイプとしては、グリーン、ゴールドの2種類があり、それぞれ年会費は、12,000円、31,000円となっています。2つのカードにはプライオリティパスが付与されており、ここでは、スタンダード会員となります。ラウンジ利用にはその都度27ドルが必要となり、ゴールドに対しては年2回までの利用が無料となる特典が設けられています。

3つ目にはMUFGカードゴールドを上げることができ、魅力は何といっても年会費の安さがあります。サービスも充実しており、カードは年会費1,905円で利用することができ初年度に限り無料となっています。ラウンジ利用に関しては、現在、国内7ヵ所の他にハワイ・ホノルル空港が利用でき、年会費の安さからみてコストパフォーマンスの高い商品となります。

4つめのクレジットカードとしてはリワードカードがあります。リワードカードは三井住友トラスト・グループが発行をしているカードであり、年会費3,000円で加入をすることができます。ラウンジの利用においては最近サービスを開始しており、内容としては全国主要空港、海外2ヵ所のラウンジを無料で利用することができるようになっています。

4つのクレジットカードは、年会費等を含めて内容に違いがありますが、それぞれが充実したサービスを掲げており、選ぶ場合には利用頻度等も含め総合的に判断をすることで、効果的な使い方ができます。