空港別、ラウンジを無料利用できるクレジットカード

羽田空港のラウンジを使えるクレジットカードについて

ラウンジは海外へ行く前とかに休息したりしますが、羽田空港には、ラウンジが色々あります。まず、種類は大きく二つに分かれます。一つ目がカード会社提携ラウンジで、もう一つが航空会社のラウンジになります。この中で会社でカード会社提携ラウンジは、ゴールドランクのクレジットカードであれば大抵の場合が使えることが可能になっています。入り方は、このゴールドランクのクレジットカードと当日の搭乗券があれば無料で入場可能となっています。サービス内容は、ソフトドリンクは飲み放題ということが多くアルコールに関しては有料のところが大半です。一部の空港では、その地元のお酒だけ飲み放題というところも存在しています。

次に航空会社系もあります。羽田空港には、JAL専用のものやANA専用のものが存在しています。ここに関してはカード会社専用のものよりもはるかにグレードの高いサービスが展開されています。ソフトドリンクは飲み放題なのは当然として、アルコールも無料で提供されています。また、場所によっては食べ物も多く無料で存在しております。

ここで、よく一番誤解されることは、この航空系には、ゴールドカードとその当日の搭乗券では入ることはできないということになります。これでよく間違って入ってくる方が多くいますので、そこは注意が必要となります。また、JALのクレジットカードやANAのクレジットカードを持っていても航空系には入ることは基本的にはできません。しかしながら、特別にANAのプラチナクラスのクレジットカードを持っているとこの航空系に入ることが可能になっています。ただし、年会費はとても高額で一番安いランクでも70000円以上の年会費がします。ただし、それも国内線のみに限られます。

では、どのような人が航空系のラウンジに入れるかということになりますが、それは当日のビジネスクラスやファーストクラスの搭乗券を持っている方が入れる場所となります。ビジネスクラスやファーストクラスはかなり高い値段の搭乗券がしますので、当然といえば当然なのかもしれません。

国際線専用のラウンジとしては、世界的にはプライオリティパスが運営しているところが一番有名になります。成田空港や関西国際空港や中部国際空港や福岡空港にはありますが、現在羽田空港には存在しておりません。羽田空港は、まだ国際空港になってまだ新しいということも影響しているのかもしれません。

成田空港でクレジットカードの使えるラウンジはあるの?

成田空港にはクレジットカードで使えるラウンジがあります。成田空港には3つのターミナルビルがありますが、第1ターミナルと第2ターミナルにはいずれもクレジットカードで使えるラウンジがあります。一方で、第3ターミナルは格安航空ターミナルということもあり、ラウンジは用意されていません。ただ、クレジットカードで使う限りは、搭乗する航空会社や搭乗する座席クラスは一切関係ありません。使えるカードを持っている限りは、たとえ利用する飛行機が格安航空会社のエコノミークラスであっても、というかそういう場合にこそラウンジを利用できればありがたいですし、利用するべきでしょう。第3ターミナル内にはありませんが、隣の第2ターミナルにはあります。ただ、徒歩であれ連絡バスを使うのであれ、第2ターミナルから第3ターミナルにはある程度移動時間を見込んでおかないといけませんから、あまりにゆっくり過ごしていてチェックイン手続きや搭乗時刻に間に合わなくなってしまうようなことのないように注意する必要はあります。

成田空港は日本の空の玄関口とでも言うべき空港であるのは間違いありませんが、一方で国内線の本数は決して多くはありません。また、国際線どうしの乗り継ぎで利用するというようなケースも、外国人を含めて限られてしまうでしょう。ということで、世界の大規模な国際空港と比較すると、ラウンジの利用客そのものがそれほど多いわけではありません。しかも、もちろん航空会社ものはしっかりと充実していますから、わざわざカード会社のものを使うという人はさらに少なくなってしまうのが現実です。

これは決してマイナスポイントとして挙げているのではありません。利用者にとってはそれだけ空いていることが多く、ゆったりと利用できるというプラスポイントも大きいからです。

制限区域の外側にあるために、チェックイン手続きはともかくとして手荷物検査に時間がかかることは計算に入れておく必要がありますが、これとて必ずしもマイナスポイントではありません。というのも、搭乗前だけでなく搭乗後であっても利用できることになるからです。

利用できるカードはリワードカードのようなゴールドカード以上のカードです。今では一般のクレジットカードは年会費無料のカードも多いものの、さすがにゴールドカードでは無条件で年会費無料というカードはありません。リワードカードであればそれでも年会費は格安となっています。

中部国際空港にクレジットカードで使えるラウンジはあるの?

中部国際空港はセントレアという愛称で呼ばれている空港で、中京圏の人にとっての空の玄関口になっています。この空港は利用者にとって非常に利用しやすく設計されていることでも有名で、もちろんクレジットカードで利用できるラウンジもあります。実はいくつかあるものの、基本的にはプレミアムラウンジと呼ばれるものを利用することになるでしょう。中部国際空港は、1階がバスやタクシー乗り場、2階が国際線及び国内線の到着ロビー、3階が国際線及び国内線の出発ロビー、そして4階がスカイタウンと呼ばれる飲食店や旅行用品店、土産物店などが入るフロアになっています。このプレミアムラウンジは3階の出発ロビー、国内線の保安検査場と国際線の保安検査場の間に位置しており、保安検査を受ける前の非制限区域にあります。

実はプレミアムと名のつくラウンジはほぼ同じ場所に2つあり、便宜上第1、第2と呼ばれています。実際には第2は第2プレミアムと明記されていますが、第1のほうは単にプレミアムと書かれているだけです。ただ、紛らわしくなるのでここでは第1、第2と書くことにします。場所的にはほぼ同じところにありますので迷うことはありません。入場できるクレジットカードは大半が重なっていますが、一部に使えるクレジットカード、使えないクレジットカードがありますから、カウンターで確認しましょう。

設備やサービス的にはほぼ同じで、飲み物がアルコールも含めて無料です。国内のカード会社ラウンジでアルコールも含めて無料というところは珍しいです。その他、wifiインターネット接続サービスが提供されています。ほとんど内容的には同じサービスに思えますが、有料で入場するときの料金は異なります。第1は1230円、第2は1540円なのです。なお小人は小人料金になっています。

利用できるクレジットカードは各社のゴールドカード以上のカードです。ゴールドカードは年会費も高いので持つのはちょっとと思っている人もいるかもしれませんが、今では決してそんなことはありません。例えばリワードカードというカードであれば、ゴールドカードの割には年会費はわずか3000円です。中部国際空港であれば、年に3回、第2を使うのであれば年に2回も使えばそれだけで年会費分くらいは十分に回収できてしまう計算になります。もちろんここ以外の空港であってもラウンジが設置されている空港であれば同様に無料で利用できます。

クレジットカードで使えるラウンジは新千歳空港にあるの?

新千歳空港は北海道の空の玄関口で、国内でも利用者数の多い空港です。ここにはクレジットカードで利用できるラウンジがあります。国内線ターミナルビルの3階にあるスーパーラウンジで、国内各地の空港にあるクレジットカード会社ラウンジの中でも広々としていてゆったりと落ち着くことができ、眺めもよく、最も良いラウンジだと言われることも多いところです。さすがは北海道にある新千歳空港のラウンジだといったところではないでしょうか。

場所的にはターミナルビルの3階で、2階にある出発ロビーの一つ上のフロアになります。新千歳空港の国内線ターミナルビルはちょうど半円形をしていますが、そのほぼ中央にありますから、どの航空会社を利用するときでも便利にアクセスすることができるでしょう。この説明からも分かるかもしれませんが、手荷物検査をする前のエリア、誰でも自由に行き来できるエリアに位置しています。チェックイン手続きや大きな手荷物をカウンターで預けるのは先に済ませてしまってからで構いませんが、その後手荷物検査まで済ませてしまうとここにはアクセスできなくなってしまいますから注意しましょう。また、出発前には搭乗時刻ぎりぎりまでここに居てはいけないということでもあります。ここから搭乗ゲートまでは一つフロアを降り、場合によっては混雑することもある手荷物検査を通過して、さらに目的の搭乗ゲートまで行かないといけないからです。ゲートまでは最低でも10分、ピークシーズンなどはその2倍から3倍の時間がかかると見込んでおくようにしないと乗り遅れることになるかもしれません。特に搭乗アナウンスなども流れませんから、自分自身で時間を気にしておく必要があるのです。なお、実は搭乗前ではなく搭乗後であっても利用することが可能です。

このラウンジを利用できるクレジットカードはゴールドカード以上のクラスのカードです。ゴールドカードとなると年会費もかなり高くなるのでちょっと、と思っている人もいるかもしれません。確かに年会費完全無料というようなゴールドカードはまずありませんが、十分に安いカードなら探せば見つかるかもしれません。リワードカードなどはその一つです。これは券面はゴールドカラーではありませんが実際にはゴールドカードかそれ以上のクラスのカードで、それでいて年会費は3000円と格安であり、ラウンジを利用したいという人にとっては非常におすすめできるカードの一つです。

関西国際空港のラウンジが使えるクレジットカードはリワードカード!

旅行や出張などで、関西国際空港をよく使う人はクレジットカードのラウンジに入ることができれば、より充実した時間を過ごすことができるようになります。関西国際空港をはじめとする日本全国の主要空港に設置されているラウンジを使うためには、対象となるクレジットカードを保有していなければなりません。

空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードのほとんどは、高めの年会費が必要になっています。そんな中で、三井住友トラストクラブが提供しているリワードカードは、年会費が3,000円(プラス消費税)とリーズナブルな値段で、関西国際空港などの主要空港内ラウンジを無料で利用できますのでおすすめです。

また、リワードカードは家族カードの年会費が無料であるため、配偶者や家族などと一緒に旅行に行く際にも非常に便利です。ポイント還元率は、0.6パーセント(通常のショッピングの場合)になっており、クレジットカード業界の平均的な還元率よりも高めに設定されているところも魅力的です。100円の通常のショッピングをすることで2ポイントが貯まり、リボルビング払いであれば100円ごとに3ポイントが加算されます。

さらにうれしいことに、年間の累計利用合計額が50万円を超えると、ボーナスポイントが次の年に加算されることになります。リワードカードのポイント制度の大きな特徴として、貯めたポイントの有効期限が定められていないことがあげられます。リワードカードのポイントは、楽天スーパーポイントと交換したり、JCBやアマゾンのギフト券などと換えることもできます。また、毎月のクレジットカード請求金額を値引きするためのキャッシュバックにポイントを充当することもできます。

関西国際空港、成田国際空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港と自宅の間であれば、1個の手荷物までを無料で配送してれるのもうれしいサービスです。

旅行代金やビジネスの出張用チケット代などをリワードカードで支払うことで、国内だけではなく、海外での旅行保険が適用されます。海外への旅行や出張で病気になったりケガをしたとしても、病院などで発生した医療費を最大150万円まで保証してくれるので安心です。

クレジットカードにかかる年会費は抑えながら、国内外の旅行保険が充実しており、関西国際空港などのラウンジを使いたい方にとっては、三井住友トラストクラブのリワードカードは最適なクレジットカードと言えます。