空港ラウンジが使える!おすすめのクレジットカード

クレジットカードの裏技!?国際線ラウンジ利用で旅の楽しみを最大に

もしもあなたのお仕事が頻繁に海外出張を余儀なくされるようなものであれば、クレジットカードの選択にもひと工夫を加えるだけでその利便性が格段にアップすることになります。というのもクレジットカードの付帯機能にはショッピングの決済以外にも様々なものがあり、海外での決済に使えるのはもちろんのこと、海外でのキャッシングや海外旅行保険、それに傷害保険などにも自動的に加入しているケースが多いので、もしも渡航先で何かトラブルに巻き込まれたときでもカード一枚で大いに助けられたということが往々にしてあるのです。さらにワンランク上の使い方として有効活用したいのが空港のラウンジの使用です。

普段、一般客が空港を利用する上では搭乗案内に従って列に並んで、保安検査場を通り、出発ロビーでまた並んでという重労働の繰り返しとなりますが、空港のラウンジではこれらの慌ただしい時間をゆったりとくつろぎながら使用することが可能です。国内の空港にももちろん備え付けられている場合の多いこのラウンジ、国際線では特に世界的なブランドのクレジットカード会社が運営、あるいは提携しているラウンジが数多く存在し、各国の主要国際線のロビー脇に必ずと言っていいほどラウンジが存在します。

ここではゆったりとした空間でくつろぎのひとときが得られるほか、クレジットカードのランクに合わせて軽食やドリンクなども有料、無料にて楽しむことができます。ソファやシートも柔らかな素材なので長時間の旅の疲れですっかり腰がお尻が固くなってしまった人にもぴったりです。そしてラウンジの特徴と言えるのがパノラマ状に広がる窓辺の景色です。多くのものが空港の中心部である滑走路に向かって広がっていますので、その眺望を楽しみながら出発までのひとときを楽しむことができます。

もちろんこのラウンジは乗り換え便を使用する人にも最適です。ハブ空港で2、3時間を潰すことを余儀なくされた時、これらのラウンジには楽しみ方がいっぱい詰まっていますので、心行くまで楽しむことができますし、また同じ国際線でも空港によってその趣向が大きく異なりますので、デザインや内装、メニュー、さらにはシャワーやマッサージ、酸素ルームを始めとする様々な変化に富んだサービスも魅力の一つ。

もしも恋人どうし、あるいは新婚旅行などであればパートナーにいつもと違ったラグジュアリーな風景を見せてあげることであなたを見る目も大きく変わるかもしれません。ビジネスにおける旅の疲れを癒す上でも、さらにはレジャーの直前のドキドキした始まりを演出する上でも最適のサービスと言えるでしょう。

空港ラウンジに同伴者も無料で入れるクレジットカードはあるのか?

空港ラウンジは飛行機に搭乗する際に非常にありがたい存在です。だいたい、空港には出発時刻の相当前に到着することでしょう。空港に向かう途中で交通機関の乱れやクルマの場合は渋滞に巻き込まれないとも限りませんし、空港に着いてからもチェックインや手荷物検査、国際線の場合であれば出国審査などに時間がかかることも予想されるからです。

しかし、十分に時間に余裕を見ておいた結果として、搭乗までに時間が余ってしまうことはよくあります。その場合にその時間をゆったりと過ごせるのが空港ラウンジです。もしこのような施設を利用しない、あるいはできない場合、混雑したコンコースで無為に時間を過ごすことになります。それなりの規模の空港でも、混雑度合いによってはただ座る場所にさえ困るというのはよくあることです。もちろんカフェなどで過ごすという方法はあるでしょうが、それはそれで出費になってしまいます。

空港ラウンジはまさにこういう場合に役立ちます。内部はセルフサービスのカフェといったところで、誰でも入れるわけではありませんから一般的には混雑とは無縁ですし、ソファーなども置かれていて少なくとも空港のコンコースの座席とはリラックス度合いが違います。そして、飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶あたりはもちろんのこと、ジュースやミルクなどが用意されており、自分で自由に取って搭乗までの時間をゆっくりと過ごすことができます。今ではインターネットのwifiサービスがあるのが当たり前になっていますし、無料でインターネットに接続できるパソコンが用意されていることも多いです。

このようなラウンジに入るためには、基本的にはクレジットカードのゴールドカード以上を持っている必要があります。ただし、ほとんどの場合、無料で入れるのはゴールドカード所持者本人のみです。同伴者は別途料金を払って入る必要があるのです。しかし、クレジットカードの中には同伴者1名も無料で入れるものがあります。それはアメックスのクレジットカードです。アメックスのクレジットカードの場合、最もベーシックなカードであるいわゆるグリーンカードでも本人はもちろんのこと同伴者1名も無料で空港ラウンジに入れるのです。アメックスのグリーンカードは色に反して一般的なクレジットカードのゴールドカードかそれ以上のステータスがあるとよく言われますが、まさにその一端がこの空港ラウンジ利用にあるわけです。

空港ラウンジが使える年会費無料のクレジットカードはないの?

旅行の際に空港ラウンジを使いたいという人は多いでしょうが、ここにお得に入室できる方法、例えば年会費無料でラウンジ入室資格が得られるクレジットカードなどの方法はあるのでしょうか。

まず、国内の空港ラウンジは、別に何のカードも持っていなくても、利用ごとに料金を支払えば使えると言えます。料金は空港によっても異なりますが、一人あたり1000円程度で使えるようになっています。これに対する直接的な割引などのお得なサービスはとくにないということになります。子供は子供料金であることも多いものの、同伴者であっても料金がかかります。

しかし、一部のクレジットカードを持つとラウンジが無料で使えるようになることは良く知られています。このメリットのためにクレジットカードを持ちたいと考える人も多いくらいです。ただ、一般カードではこのメリットはありません。ゴールドカードである必要があるのです。

となると、空港ラウンジを無料で使いたいというのは、年会費無料のゴールドカードはないのかという質問に置き換えられます。これは、全く無理というようなものではないものの、相当にいろいろな制約があることが多いと思って間違いはありません。いくつか、年会費完全無料に近いようなゴールドカードを紹介しましょう。

まず、初年度のみ年会費がかからないゴールドカードであれば、さして珍しいものではありません。単に三井住友VISAゴールドカードのようなスタンダードなものでも、初年度に限れば会費ゼロで持つことができます。しかし2年目以降はそうはいきません。

2年目以降も条件つきで会費ゼロになるとか、あるいはそもそもカード発行に一定の条件をクリアする必要があるというものもあります。そのようなカードには例えばイオンゴールドカードがあります。これは年間で100万円のカード決済をした人にだけ招待制で発行されるカードで、年会費は2年目以降も完全にゼロです。一度でも年間100万円さえクリアしてしまえばその後は100万円を割り込んでもゴールドカードのまま持ち続けられますからかなりお得ではありますが、ラウンジを使えるのが羽田空港のみというのが難点です。首都圏に住む人、東京によく行く人であれば検討する余地はあるかもしれません。

エポスゴールドカードも検討の余地があるかもしれません。こちらは通常は年会費5000円がかかりますが、一度でも年間に50万円以上のカード決済があれば、その後は年会費は永久無料になります。しかも、空港ラウンジについても羽田空港のみという制限はありません。全国各地にある空港ラウンジを利用することができるのです。

ラウンジも無料で使える!?海外旅行保険もつくクレジットカードの魅力

クレジットカードの魅力は単にショッピングの決済が簡単に行えるだけではありません。その他にも数多くのサービスが付帯している場合がありますので、入会してカード発行した際に渡される冊子をきちんと読み込んで、その細部に至るまでサービスをフル活用できるように心がけたほうが断然、日常を楽しむことにつながるはずです。

とりわけクレジットカードがその魅力を発揮するのが海外旅行へ出かける時です。もちろん現地通貨に両替しなくても、国際的に名の通ったブランドであれば、そのカード一枚で簡単に買い物を済ませることができるのでとても便利なのは当然として、他にも胸の高まりを抑えることができない様々なサービスを受けることができます。

例えばまず挙げたいのが空港に設置してあるラウンジの利用ができるという点です。これは全てのクレジットカード保有者に認められているわけではないものの、世の中には特定のクレジットカード保有者に対してこれらの空港施設の快適な利用を許可しており、出発前の慌ただしいひと時をゆっくりとリラックスして過ごす事が可能となります。

ラウンジではウェルカムドリンクや美味しい軽食を無料にて口にする事ができるほか、ゆったりとした空間で滑走路を含む壮大な空港パノラマの風景をガラス越しに堪能することもできるので、これから始まる旅に向けたドキドキ感を高める事が可能です。そこに設置してある席やソファもクッションの効いた快適なものばかりですし、仮眠をとったりスマートフォンを充電したり、電源プラグを利用してパソコンを広げて仕事や現地に着いてからのプレゼンの準備を行うことも可能です。

そして国際的なクレジットカードであれば、日本にとどまらず海外の特色あるラウンジを活用することもできます。それぞれに独自のサービスを展開しているのがラウンジの魅力で、例えばシャワールームが搭載されてあったり、マッサージやアロマセラピー、酸素室などの設備で体をリフレッシュできるものもあるほどです。これらは追加料金など支払わずに全て無料にて受けられます。

これらのラウンジの魅力がある一方、海外旅行時につきものの海外旅行保険などの面においてもクレジットカードのサービスの一部として含まれてある場合も多いもの。現地で怪我をした時、お店で何かを壊してしまった時、現地で盗難にあった時など、これらの様々なケースに対応可能な海外旅行保険を付帯させたカードがあると誰もが安心して渡航できます。何が起こっても補償してもらえるクレジットカードの存在は旅を満喫する上でも大きな力となることでしょう。

世界中の空港ラウンジを無料で使えるダイナースクラブカード!

空港ラウンジというのは非常に便利でありがたい存在です。よほど旅慣れた人以外、空港には時間の余裕を見込んで早めに出かける人が多いでしょう。ところが、早く着きすぎて時間が余ることがあります。そうなった場合の時間の過ごし方が意外と問題です。大抵の空港は非常に混み合っています。人々の雑踏や喧騒の中に放り込まれるわけですし、館内アナウンスなどもひっきりなしに流れ、ちょっとひと息ついてほっとできるような雰囲気ではまずありません。カフェはまずどこの空港でもありますからそういうところに逃げ込むのも一つの手ではありますが、もちろんお金がかかります。せっかく時間に余裕を見て早く出発した結果が余分な出費になるというのは皮肉かもしれません。

こういう場合に約に立つのが空港ラウンジです。多くの空港ラウンジは、お金さえ出せば一応は誰でも入れる有料待合室といった感じではありますが、一般的にその料金はそれこそカフェに行くよりも高いことがほとんどで、結果的にお金を払って入ろうとするような人はあまりおらず、その分だけ混雑や喧騒とはまったく無縁の静かな時間が流れています。

多くの人がお金を払ってまで入ろうとは思わない場所に一体どうやって入るのかというと、基本はクレジットカードです。それも普通のクレジットカードでは意味がありません。国内の空港であれば、ゴールドカード以上のカードを持っている人が無料で入れるのです。

内部はゆっくりと時間を過ごせるようになっていますし、食べ物は基本的にありませんが飲み物に関してはセルフサービスで自由に取ることができます。一部ではアルコール飲料が用意されているところもありますが、それは有料のところも多いです。

では、ゴールドカードがあれば入れるのであれば、何も好き好んでダイナースクラブカードを持つ必要はないのではないでしょうか。少なくとも年会費や入会審査の点で、ダイナースクラブのほうが普通のゴールドカードよりもハードルが高いことは間違いありません。その理由は、ダイナースクラブカードであれば国内だけでなく世界中の600か所のラウンジに無料で入れることにあります。

国内であればまだ空港の勝手も分かりますし、そもそもそんなに時間も余らないかもしれません。しかしこれが海外となると話は一変する人も多いでしょう。ぜひともひと息入れられる場所が欲しいと思うことが多いはずです。そういうときにダイナースクラブカードは大きな力になってくれるのです。