クレジットカードで無料利用できる空港ラウンジについて

国際線の空港ラウンジも対象になるクレジットカードは?

旅行好きの人であれば空港ラウンジを利用することの意味や価値は知っているでしょうが、国内線はともかく国際線が利用対象となると方法は限られてきます。国内線であれば、クレジットカードのゴールドカードを持つだけで十分です。ゴールドカードさえあれば、国内の空港ラウンジが無料で利用対象となります。しかし、これが国際線となるとゴールドカードでは厳しいです。正確には、日本からの出発時には利用できますし、海外の空港であっても一部には利用できるところもありますが、ほとんどの海外空港ラウンジはゴールドカードでは利用できません。海外旅行の際に一番使いたいのは出国時の日本ではなくて海外空港での乗り継ぎ時や帰国時でしょう。となると、他の方法を考えないといけなくなるわけです。
方法としては2つほどありますが、もちろんゴールドカードのクレジットカード以上に審査の厳しいカードを持つ必要があるのは当然です。それでも全く不可能というわけではないのですから、海外空港でラウンジが使えることの魅力を考えれば、挑戦してみるだけの意味はあるでしょう。

一つはダイナースクラブのクレジットカードを持つことです。ダイナースクラブカードであれば、世界中の600ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。同伴者も有料で利用することができますから、家族であっても問題はありません。また、家族カードを発行すればその人も無料で利用することができます。
もう一つの方法は、何種類かあるクレジットカードの特典を利用してプライオリティパスというパスを発行し、そのパスで利用する方法です。パスの発行対象となるカードはそれなりに種類はありますが、どれもプラチナカードレベルのカードで、ダイナースクラブカードと並んでさして審査が甘いカードではないことは先にも述べたとおりです。

なお、プライオリティパスは別にクレジットカードの特典を利用せずとも発行することはできますが、その場合はかなりの出費を覚悟しないといけません。最も安価なパスでも年会費99ドルで、利用1回あたり27ドルがかかります。海外ラウンジの利用はせいぜい年に2, 3回程度というレベルの人であれば、利用単価は日本円で5000円を超えてしまいます。これだけのお金を出せるのであれば、別にわざわざラウンジを利用しなくても、特に海外の大規模な空港には待ち時間を有意義に過ごせる場所は十分にあると言えるでしょうから、ちょっと考えてみる必要があるかもしれません。

空港ラウンジに入れるクレジットカードで同伴者はどうなるのか?

空港ラウンジに入れるクレジットカードは多くありますが、ちょっと考えておかないといけないのは同伴者です。ビジネスでの出張のときであっても、家族旅行のときであっても、一人だけでラウンジに入るというシーンはあまり多くないかもしれません。もちろん一人で入ることが悪いわけではありませんし、実際そのようにしている人もいくらでもいますが、やはり同伴者と上質な時間を過ごしたいと考えるのが自然な流れでしょう。デキる人、頼れる人を演出するためにも同伴者がいる限り少なくとも無視はできません。

空港ラウンジが使えるクレジットカードは一般カードではなくゴールドカードとなりますが、基本的には同伴者は無料とはなりません。ただし入室できないわけではありません。別途料金を支払えば入室することは可能で、料金は空港によっても異なりますがだいたい1000円程度です。しかし、これは別に喜ぶようなことではありません。必要な料金を支払って有料で入るのであれば、別にクレジットカードなど全く持っていなくても誰でも入れるラウンジが多いからです。

しかし、中には同行者も無料となるクレジットカードもあります。それはアメックスカードです。アメックスカードはステータスの高いカードとして知られていますが、その一端がここに現れていると言えます。アメックスの一般カードであるいわゆるグリーンカードでさえ、同行者1名も無料でラウンジに入ることができます。なお、このアメックスカードはプロパーカードである必要はありません。提携ブランドのカードであってもほとんどはこの効力を持っており、中には年会費の面でプロパーカードよりもはるかに安いアメックスカードもあります。そして、家族カードを発行すれば、家族カードについても同行者1名無料となりますから、例えば一家4人で、本人が本会員となり配偶者に家族カードを発行すれば、アメックスカードが2枚あることになりますから子供2人も無料でラウンジに入れるという技を使うこともできるのです。

なお、ここに書いたことはあくまで国内の空港ラウンジに限った話ですので注意が必要です。また、一口にラウンジといっても実はいろいろな種類があり、航空会社の運営するものやカード会社が運営するものがあります。クレジットカードで入れるのはあくまでカード会社が運営するものであり、航空会社が運営するところに入ることはできません。そちらはまた別の資格が必要になるのです。

海外で空港ラウンジが使えるクレジットカードはあるの?

クレジットカードもゴールドカードクラスのカードですと、国内の空港でラウンジが無料で利用できます。通常ですと利用料金1000円かそれを若干上回るくらいの料金がかかることが普通ですから、ゴールドカードの年会費と自分の空港利用回数との比較して十分に元が取れるようであれば持っておいたほうがよいでしょう。ゴールドカードの年会費は平均すると1万円程度で、年に10回の利用となるとおそらく平均的な人よりは多いでしょうが、今ではもっと年会費の安いゴールドカードもあります。3000円から5000円程度のカードも珍しくなく、これであれば年に数回、旅行や出張、帰省などで利用する人であっても十分に元が取れるでしょう。

しかし、ゴールドカードのクレジットカードで利用できるラウンジは基本的に国内だけです。海外では全く利用できないかというと実はそんなことはありませんが、使えるのは韓国の仁川国際空港と、アメリカハワイのホノルル国際空港だけです。この2つの空港は確かに私たちもよく利用している空港であることは間違いありません。ハワイは常に日本人の人気旅行先ですし、韓国の仁川は今では私たちにとっては若干の悔しさはあるものの日本も含めた北東アジア地域の一大ハブ空港となっていて、日本国内から例えば欧州やアメリカに行くときでも、成田国際空港の国内線があまり充実していないために、地方であればまず韓国の仁川に飛んでから長距離路線に乗り継ぐほうが便利なことも多いためです。

しかし、幾ら何でもこの2つの空港だけで海外でも十分に使えるというわけにはいかないでしょう。それこそ欧州やアメリカなどの空港でも使いたいと思うことが多いはずです。そういうときに使えるクレジットカードがダイナースクラブカードです。ダイナースクラブカードを持っていれば、国内はもちろんのこと、海外も含めて合計600ヵ所以上のラウンジが無料で利用できるのです。同伴者は有料になってしまいますが入室はできますし、家族カードを持っていればもちろん家族であっても無料で入室することができます。

ダイナースカードは年会費もそれなりに張りますしそれ以上に審査も厳しいでしょうが、海外でも自由にラウンジが利用できることのメリットは大きなものがあります。国内であれば勝手も分かっていることが多いでしょうが、海外のようなあまり良く分からないところこそラウンジを利用したいと思うものだからです。

JALカードでラウンジの使えるクレジットカードはあるか?

JALカードでラウンジの使えるカードはもちろんありますが、どんなカードであってもどのラウンジでも使えるというわけでは決してなく、その範囲はかなり限定されていますから注意しましょう。とくに、イメージ的にJALカードであればJALのサクララウンジが使えるのではないかと思い込んでいる人が多いかもしれませんが、一般的なJALカードではサクララウンジは使えないので注意が必要です。これはプラチナカードであっても同様です。

サクララウンジをカードで使うためには、JGC会員という会員になって、かつクラブAカード、クラブAゴールドカード、プラチナカードに属するJALカードを持っている必要があります。JGC会員になるのはかなり難しいことで、普通の人ではそれこそ一念発起する必要がありますが、一度でもその難しい条件を満たすことができれば、後は当該クレジットカードを年会費を払って持ち続ける限りはいつでもラウンジを利用することができます。

さて、JGC会員になるための条件は、FLYONポイントというポイントを貯める必要があります。これを1年間で5万ポイント貯めた人だけに入会資格が与えられるのです。断っておきますがこのポイントはマイルとは別物で、飛行機に乗ることでしか貯められません。他のポイントやマイルからの移行などは一切できません。クレジットカードの利用でも貯められるマイルとは別の存在なのです。そして、5万ポイントというのは簡単ではありません。どの路線にどの運賃で乗ればどれだけのポイントが貯まるJALのホームページからシミュレーションできるようになっていますから、少し見てみましょう。

東京羽田と大阪伊丹を普通運賃で往復したとしますと、貯まるポイントは1920ポイントです。東京羽田と札幌新千歳の往復ですと2840ポイントとなります。東京大阪間ですと年に26往復、東京札幌間で年に18往復してやっと5万ポイント貯まる計算です。しかもこれは普通運賃での話で、先得割引などを利用するとこれより低いポイントしか貯まりません。

これだけ飛行機を利用するのはもう普通の人のレベルを超えているでしょう。出張など社用で利用する人以外は相当に厳しいはずです。

ともあれ、この基準を満たせば、上記のクレジットカードを持つことを条件として、JGC会員になる資格が与えられるのです。クレジットカードには当然審査がありますから、カードの審査で落ちることのないよう万全の注意をしておきましょう。

ANAスイートラウンジに入れるクレジットカードはあるの?

ANAスイートラウンジというのはANAのラウンジの中でもハイクラスのものになります。普通のANAラウンジでさえ、容易なことでは利用することができませんから、ANAスイートラウンジというのは、普通の人はもしかしたら一生にわたって縁のないところかもしれません。そもそも全ての空港にあるわけではなく、国内線向けは羽田、伊丹、那覇の3つの空港に、国際線向けは成田、羽田の2つの空港だけにしかありません。

このANAスイートラウンジに入れるのは2つくらいの条件に限られます。どちらも極めて条件としては厳しくなっています。1つ目は、ANAマイレージクラブの最上級会員であるダイアモンド会員です。ダイアモンド会員というのは、ANAあるいは提携航空会社の飛行機に乗ることで貯まるプレミアムポイントというポイントを1年間で10万ポイント貯めた人だけが得ることのできる資格です。10万ポイントというのは数字だけを取っても厳しいだろうということは感じるでしょう。

このプレミアムポイントというのはマイルとは別物です。マイルであればクレジットカードの利用など、飛行機の搭乗以外でも貯めることはできますが、こちらのポイントは純粋に飛行機に乗らない限りは決して貯まりません。飛行機に乗りもしないのにクレジットカードの利用で貯めてスイートラウンジを利用しようとしても無理だということです。

プレミアムポイントの貯まり方は、マイレージクラブのステータスや搭乗クラスによっても差は生じるものの、例を挙げれば東京と大阪を往復しても2000ポイント、東京と札幌を往復しても3000ポイントといったレベルです。これで1年で10万ポイントに達しないといけないのですから、並大抵のことではないのは明らかです。ちなみに国際線で東京とニューヨークを往復しても、これも条件により差はあるものの1万5千ポイント程度にしかなりません。ダイヤモンド会員がいかに限られた人にしか与えられないサービスがが分かるでしょう。しかも、会員資格は永久ではありません。あくまで1年ごとに更新され、前の1年で10万ポイントに達していなければ翌年は資格はなくなってしまいます。

1つ目の条件がいかに厳しいかが分かったところで、では2つ目の条件は何なのでしょうか。これは国際線でファーストクラスに乗る人です。国際線のファーストクラスといえば、最低でも数十万円はするでしょう。それだけのお金を出せる人ということです。