空港ラウンジを無料で利用するならこのカードだ!

クレジットカードの保有者に入室の許可されたラウンジやカードラウンジとは?

そもそも欧米での暮らしの中では、随分と昔からクレジットカード文化が根付いており、日々のちょっとした買い物の多くもこのカードにて決済を済ませ、もちろん大きな金額の買い物の時でも現金を持ち歩く心配はいりませんし、またネットでの買い物でもすぐに決済を行うことが可能です。さらにこのようなクレジットカードでの買い物状況がその人の信用情報や経済状況などを指し示す一つの指標となっているケースも多く、極めて生活に密着したアイテムと化しているのです。

その状況は近年、日本でも普通に見られる光景になってきました。今でもクレジットカードの使用ができない店舗やレストランなどはあるにしても、多くの場所で利便性の高いサービスが受けられるほか、このクレジットカードには買い物の決済機能にとどまらず、ほかにも様々な機能が付いていることでも知られています。例えば最も一般的なのは交通機関で定期券やICカードとしての使用ができるものもありますし、保険などのサービスが付帯されてあるものも存在します。そしてもしも海外旅行に興味関心があったり、仕事の関係で海外へと渡航する機会の多い人にとってはラウンジの利用などに大きなメリットを見出すケースも少なくないでしょう。

通常の海外旅行に出かける折にはあまり目にすることがないかもしれませんが、実は空港には各航空会社やクレジットカード会社などが運営するラウンジが存在します。そこでは長時間に及ぶことの多い空港での待ち時間を快適に過ごすための様々な設備が拡充されており、とてもリラックスできる空間が広がっています。

これらのラウンジの中でもクレジットカードの保有者が中心となって出入りできるものをカードラウンジと呼びますが、ここに入ると様々なメニューの中からドリンクや軽食を無料で口にすることができたり、飛行場の滑走路などが広がる窓ガラス越しに壮大な景色を堪能できるほか、備え付けのソファやリクライニングシートなどで仮眠をとることもできます。もちろん携帯電話の充電やwifiを使った高速通信、パソコンの電源を使って仕事をしたりすることも可能です。

そして国際的なクレジットカードになるとカードラウンジの展開も国際規模となり、各国の主要空港のラウンジにてサービスが受けられたり、中にはシャワーやマッサージなどが受けられるものも存在します。さらに空港で行列のできやすい保安検査場でもカードを見せるだけで専用ゲートを使用できるなどのメリットが受けられることもあります。

もしも新婚旅行などで海外へ旅立つ際には1ランク違う旅を楽しめると同時に、これらのカードを使いこなす姿は、普段は見せないあなたの力強い魅力となるはずです。

ゴールドカードで入れるクレジットカード会社ラウンジ!

全国各地の空港にはクレジットカード会社が運営するカードラウンジがあります。あらゆる空港にあるわけではなく、ごく小規模な空港、離島にある空港などにはないこともありますが、東京成田、東京羽田、札幌新千歳、中部国際、関西国際、大阪伊丹、福岡、沖縄といった主要な空港はもちろんのこと、地方空港も含めて全国で30以上の空港に設置されており、中には成田や羽田のように複数のラウンジが設置されている空港もあります。

このようなラウンジでは、搭乗までの時間をゆっくりと落ち着いて過ごすことができます。飲み物はソフトドリンク主体ではありますがフリードリンクで、コーヒー、紅茶、お茶、ジュースあたりはどのラウンジでも揃っています。新聞や雑誌も用意されていますし、無線でインターネットに接続することも可能です。電源コンセントも用意されていますから、電源ケーブルさえ持っていれば、スマホやPCのバッテリー残量を気にする必要なく利用することもできます。

利用は料金を払う限り実は誰でも可能ではありますが、特定のクレジットカードを持っていれば無料になります。もちろん入室だけではなく上に書いたドリンクやネット、電源の利用なども含めて全て無料になります。食事ができるようなものは基本的に用意されておらず、あってもおつまみ程度でしょうが、場合によってはサンドイッチなどの軽食が有料で販売されていることもあります。またアルコール類、マッサージチェアなども有料で利用できるところもあります。なお、ラウンジ外への持ち出しはもちろんのこと、外からの持ち込みも基本的には許可されていませんが、多少のことであれば黙認されていることも多いようです。

このようなラウンジが利用できるクレジットカードは一般カードでは無理で、ゴールドカードクラス以上のカードになります。最近ではゴールドカードにも年会費の安いおすすめのカードもありますから、よく空港を利用するという人であればゴールドカードを1枚作っておくのも決して無駄にはならないでしょう。アメリカンエキスプレスであれば同伴者1名まで無料になりますからとくにおすすめです。

ちなみに、このようなラウンジは搭乗前ではなく搭乗後であっても利用できます。あくまで、当日に飛行機に乗る人というのが条件になっているからです。一方で、あまりそういうことはないでしょうが、飛行機の搭乗とは関係なく空港に行く場合はたとえ料金を支払っても利用できません。

エリートカードはラウンジの使えるおすすめのクレジットカード!

多くの空港にはラウンジというものが設置されています。実は空港ラウンジと一口に言ってもその中身はいろいろなものがあり、空港会社が運営しているもの、航空会社が運営しているもの、カード会社が運営しているものに分けられます。このうち、空港会社が運営しているものの多くは、いわゆる貴賓室です。料金を支払う限りは誰でも利用できますが、部屋ごとの貸切となるタイプが一般的で、ソファータイプの椅子とテーブルが置かれていますが、サービスとしてはせいぜいお茶程度です。VIPと呼ばれる人やその取り巻きの同行者、あるいは団体で利用されることがほとんどで、せいぜい数名程度までの一般利用客が利用するようなものとは少し雰囲気が異なります。

また、航空会社が運営するものは、基本的にその航空会社の得意客と見なされた人しか入れません。その航空会社の飛行機を非常に良く利用している人とか、ビジネスクラスやファーストクラスなどの上級クラスの座席に乗るような人だけが使えるもので、それとは縁のない人はたとえお金を支払うからと言っても利用することはできないのです。ただ、多くの場合は、利用資格のある人と一緒であれば、同行者1名も無料で利用できるようになっていることが多いです。もし身近な人に利用資格のある人がいれば、その人と一緒に入れてもらうという方法はあるでしょう。

しかし、それでも実際には利用困難なケースが多いでしょう。となると、一般の人であっても何とか利用できる可能性のあるラウンジというのは、カード会社が運営するものだけということになります。クレジットカードは単に買い物に使えるだけではなく、種々の特典やサービスが提供されていますが、その一つがこの空港でのラウンジサービスだということです。

ただ、今ではクレジットカードは社会人であればほぼ誰でも1枚や2枚は持っているでしょう。この状況であらゆるクレジットカード保有者にラウンジを開放しては、それこそパンク状態になってしまいます。ということで、ちょっとは制限がかけられています。つまり、一般のクレジットカードでは無料入室資格はありません。ゴールドカード以上のクレジットカードを持つ人だけが無料で利用できるのです。そのようなカードには例えばエリートカードがあります。エリートカードは年会費わずか3,000円です。また、エリートカードであれば国際線利用時の手荷物配送サービスも受けることができます。

空港ラウンジも無料で利用できるMUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。年会費が1,905円と他のゴールドカードに比べて安価であることや、信販系に属するクレジットカードであることから、収入が高くない方でも比較的取得しやすいと言われています。しかし限度額は利用実績に応じて最大200万円まで設定でき、ゴールドカードとしての機能は十分に果たせます。またポイント制度も充実しており、グローバルポイントや長期利用者を優遇するプレミアムスタープログラムなどがあります。交通機関や商業施設など、特定の場所でのポイントを重視するのでなければ、お得に利用できるでしょう。手数料無料での金融取引サービスや2000万円を限度とした旅行傷害保険や、年間100万円までのショッピング保険も付帯しています。こちらも他のゴールドカードと比較して劣るものではありません。

MUFGカードゴールドには、特典の一つに空港ラウンジサービスがあります。まだサービスが始まってからの期間が長くないことから、利用できるラウンジが少しずつ増えている状況です。海外旅行時の国際線でのみという制限はありますが、お得に高級感を味わうことができます。利用できる空港には、新千歳空港のロイヤルラウンジ、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、ハワイ・ホノルル国際空港で利用できるラウンジがあります。ソフトドリンクのサービスや新聞・雑誌が閲覧でき、カードを利用している方は無料、同伴者の方についてはそれぞれのラウンジで1000円ほどの料金がかかります。利用可能な空港や同伴者の料金、利用可能時間は頻繁に変更されていますので、出発前にチェックしておきましょう。

MUFGカードゴールドは取得可能年齢が18歳以上であることや、安定した収入があることだけを条件として提示していることから、取得しやすいカードと考えられます。若手社会人の方でも安定した収入があれば問題なく取得できるでしょう。クレジットカードのステータス性を重視する方も、将来のプラチナカード取得への足掛かりになるでしょう。年会費についても初年度は無料になります。これまでにクレジットカードを持っていない方は、30歳を超えると審査が厳しくなる傾向があります。現金支払いにこだわる方や、クレジットカードの利用に抵抗がある方でなければ、なるべく早いうちに初めてのカードを持つことをおすすめします。

無料で空港ラウンジが使える!楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、同じ発行会社のクレジットカードと比べても、上位クラスのカードになります。一般向けには年会費無料でお得に使えるカードがあり、評価が高いです。格上のゴールドカードとなる扱いで、年会費が税抜1万円かかる有料カードではありますが、ショッピングや海外旅行の際に利用しやすい様々な特典が付いています。

楽天プレミアムカードには、系列のネットモール等で商品を購入すると、通常の5倍のポイントが付与されたり、国内外の旅行傷害保険や購入した商品の損害を補償する保険が自動付帯されたりと、優遇特典がたくさん付いています。海外のトラベルデスクも38拠点に設置され、カードの紛失や盗難、突然の病気やけがなどのトラブルにも対処できる場合がありますし、現地情報の紹介や、レストランやオプションツアーの予約や手配も可能な場合があります。特典の中でも、空港ラウンジを利用できるプライオリティパスの申し込みが無料でできる特典があり注目されています。出張や旅行で航空機を使う機会が多い方は重宝するでしょう。

プライオリティパスとは、会員制のサービスのことです。世界の120ヶ国で利用でき、900ヶ所を超える主要空港で使えるラウンジを提供しています。加入するには、会費を支払って独自に申し込みをしなくては行けませんが、楽天プレミアムカードには、無料で加入申し込みが可能で、プライオリティパスのカードを発行ができる特典が付帯しています。しかも、プライオリティパスの中でも最も高いランクの会員と同等のサービスをラウンジで受けられますので、混雑している時間でもゆっくりと落ち着いて過ごせるでしょう。搭乗時間を待つ間にドリンクサービスやインターネットサービス等のサービスを自由に利用できます。

プライオリティパスを申し込むには、楽天プレミアムカードが自宅に到着してから、専用のオンラインサービスにログインし、サイトから手続きをする必要があります。会員カードが到着するまで2週間ほど日数がかかりますので、余裕を持って申し込むようにしましょう。空港ラウンジを利用する際には、航空券と会員カードを受け付けに提示するだけです。同乗者がいる場合には、1人付き税抜3千円の利用料がかかりますが、後から楽天プレミアムカードに請求されるため、その場で現金などで支払う必要はありません。国内の主要空港で利用する場合にも、無料で空港ラウンジの利用が可能です。楽天プレミアムカードと当日の航空券や半券などを一緒に受付で提示することで、利用できます。国内の主要空港を網羅していますので、使える所が多いでしょう。